徹底活用!スタジオレンタル6選

トップ > スタジオレンタルについて > スタジオレンタルは気軽に音出しを行う方法

スタジオレンタルは気軽に音出しを行う方法

ダンスや合唱の練習やバンドの音合わせ、何かしらのゲームやアニメの声を入れる吹替作業など、音がどうしても出てしまう音出し作業はたくさんあります。
それらを行うにはスタジオレンタルを行うのが最も簡単で、確実に外部の音をシャットアウトする方法でもあるのです。
音出しは楽器や声のどれであってもとにかくはっきり大きく出すことが大切ですが、これらができる環境というのは現代日本には数少ないといえます。
昔も近隣住民への迷惑というものはありましたが、今はアンプにつなげて音を出す楽器などの登場でかなりの騒音を出してしまうようになりました。
それは音楽や音響の出力技術の発達という素晴らしいものではありますが、スタジオを利用しなければならないことを意味しています。
スタジオレンタルは一度やってみると意外なほど簡単なので、とりあえず一回試しに実行に移してみるといいでしょう。


ダンスなどのそれなりの音は出るがそこまでうるさいわけではない場合は、スタジオも完全防音が施されている必要がありません。
古民家などをリフォームし、周囲にほかの建物や施設がないスタジオも存在するので、そういったところも探してみるといいでしょう。
完全防音のスタジオはレンタル料金が高額なことが多く、さらには利用者が多いために予約を取ることが難しいことが多いです。
そういった場合は、そのスタジオでなければ本当に駄目なのかをよく確認し、都合に合ったスタジオレンタルをしていくようにしましょう。
スタジオレンタルを継続して行うと想定以上の出費になってしまうので、短期だけでなく、長期にわたって音出しをするなら利用するところはよく吟味するべきです。
ただ、ダンスは平らで安定した広いところでなければ怪我をするリスクが非常に高くなることを考えると、防音よりも運動ができるほど広いかどうかを重視するといいでしょう。


より音質を重視した吹替作業をする場合は、自宅でパソコンを使うよりもスタジオレンタルを行って作業をするほうがよりいい作品が作れます。
素人が投降した動画などでは音質があまりよくない、聞きづらいなど、音の吹替作業がうまくいっていないことが数多くあるのです。
一般的な部屋は音がどうしても拡散してしまうので、静かであってもあまりいい環境ではないといえるでしょう。
なので、ゲームやアニメなどの制作、動画作成などをするにあたっては高音質な吹替作業ができる防音と音の反響がしっかりしたスタジオを利用するべきなのです。
こういったスタジオは広さよりも狭さ、防音性よりも反響の有無と録音機材が充実しているかが重要となってきます。
利用する目的によってスタジオに求める機能と設備が全く異なってくることを意識し、自分にはどういったスタジオがいいのかを考えていけば、いい音出しができることでしょう。

次の記事へ